熱転写シート(アイロンプリント)の注文、ご購入は熱転写専門店まで

熱転写シート(アイロンプリント)について

  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)でTシャツ作成
  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)メタリック素材もあります
  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)はスニーカーにも加工できます
  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)でTシャツ作成。複数のシートを貼り合わせることができます
  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)立体的になる特殊シート
  • 特徴の異なった熱転写ラバー(アイロンプリント)を複数組み合わせることで個性的なデザインに
  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)で表面の質感を生かしたデザインがおすすめ
  • 熱転写ラバー(アイロンプリント)でオリジナルバッグ作成ができる

熱転写シート(アイロンプリント)でできること

熱転写シート(アイロンプリント)は熱圧着すると生地に貼り付くシートです

熱転写シート(アイロンプリント)はアイロン(熱圧力)でTシャツなどの衣類の製作ができます

Tシャツなどの衣類やバッグに加工できます

熱転写シート(アイロンプリント)でカラーTシャツに文字を入れたり模様を入れたりすることができます3Dテクノ使用 熱転写シート(アイロンプリント)はフルカラーのデザインのTシャツなどのグッズにも対応していますソフトプリント使用
熱転写シート(アイロンプリント)はフルカラーのデザインのTシャツなどのグッズにも対応していますピーエスフィルム ストリップフロック グリッター2使用 熱転写シート(アイロンプリント)は衣類だけではなくバッグや靴などにも加工ができますハイファイブプリント使用

熱転写シート(アイロンプリント)はシートに熱圧力をかけることで、生地に貼り付く(定着)するシートです。
衣類へのプリントとしては一般的で、みなさんがお持ちの衣類の中にもきっと熱転写シートでプリントされたものがあります。もちろん耐水性もあり、洗濯しても簡単に剥がれることはありません。 熱転写シート(アイロンプリント)の魅力は、小ロットでのオリジナルTシャツなどのグッズが制作できることと、導入コストが安いことです。
オリジナルのTシャツ制作を始める場合、まずは熱転写シート(アイロンプリント)での加工をおすすめします。

人気・おすすめの熱転写シート(アイロンプリント)

カッティング用

シート自体に色がついており、カッティングプロッタでカットし、生地へ加工する熱転写シート(アイロンシート)です。定番のシートから珍しいシートまで多数取り揃えております。表面に特殊な加工が施されていたり、熱でプレスすることで形状が変化したりとシートごとに大きな特徴があります。

特徴から熱転写シート(アイロンプリント)を選ぶ

初心者におすすめ!加工しやすい定番シート

熱転写ラバー(アイロンプリント)を使用するのは初めてという方におすすめのシートは、カッティング用はピーエスフィルム、プリント用はカラープリントPUです。
カス取りがしやすく加工に失敗しにくいシートです。重ね貼りも可能で、世界中で実績がある熱転写ラバー(アイロンプリント)です。

初めての方におすすめの使いやすい熱転写シート(アイロンプリント)

ひび割れしない!伸縮性に優れたシート

アイロンプリントと聞くと、いかにも生地に貼りついている感があり、伸びない印象をお持ちの方が多いようですが、伸縮性に優れたシートも多数ご用意しております。非常に薄いストレッチ素材で、伸ばしてもひび割れることがなく、元の形状を保ちやすいシートです。ポリエステル系の生地との相性が良いです。

伸縮性に優れた熱転写シート(アイロンプリント)

他と差をつける!ラメ・メタリックシート

家庭用ではなかなか目にしない、ギラギラと輝く(グリッター2)シートや、上品な金箔のような質感のあるシート(フォイル)をご用意しています。海外の有名ファッションブランドも使用する熱転写シート(アイロンプリント)です。
小さなワンポイントでも存在感が出せるため、まずは1M単位でご購入してみませんか?

ラメやメタルなど他人を差をつける特徴的な熱転写シート(アイロンプリント)

交通安全にも役立つ!蓄光・反射シート

暗闇で光る蓄光タイプ(ルーメン)や再帰反射タイプ(サーモリフレックス・プラス) のシートです。ファッションとしてではなく、工事現場や子供の見守り隊、交通安全にも役立つシートです。

反射や蓄光など交通安全や防犯に使われる熱転写シート(アイロンプリント)

カッティング用とプリント用の違い

仕上がりの違い

  使用できる色数 シートの表面
カッティング用 フルカラーデザインに対応蛍光などの印刷では表現できない色がある
単色だが重ね貼りが可能な商品もある
表面はプリントに対応するため凹凸はなくフラットでグロスかマットのみ光沢、ラメ、立体など特徴のあるシートから選べる
プリント用 フルカラーデザインに対応フルカラー対応
写真やグラデーションのデザインもOK
表面はプリントに対応するため凹凸はなくフラットでグロスかマットのみ基本的に平らでグロスかマットのみ

加工手順の違い

  印刷
プリント(印刷)
カット
カット
カス取り
カス取り
アプリ貼り
アプリ貼り
プレス
プレス
カッティング用 不要 不要
プリント用

弊社熱転写シート(アイロンプリント)のおすすめポイント

世界中で大人気。有名ブランドが多数採用 ファッション王国イラリア本社のsiser社商品多数。日本唯一の輸入総代理店
小ロットでも対応できるよう、切り売りに対応しています とにかく種類が豊富

弊社熱転写シート(アイロンプリント)は当日出荷可能

メーカー名:Siserまたはシステムグラフィ

原則16時までのご注文・ご入金で当日出荷
※切り売りの場合は15時までのご注文・ご入金で翌営業日出荷

メーカー名:ASTEM/SANTO

原則12時までのご注文・ご入金で当日出荷


<ご注意>
・在庫状況により変動する場合がございます。
・お急ぎの場合はお気軽にご連絡ください。

熱転写シート(アイロンプリント)の注意点

  • 必ずテストをしてください。加工に失敗した場合の加工対象物の保障はできかねます。
  • 温度、時間が不十分だと剥がれやすくなる原因となりますのでご注意ください。
  • 加工対象物の耐熱温度を必ずご確認の上、加工してください。
  • 加工後の洗濯や取り扱い方法はシートによって異なりまので必ずご確認ください。
  • シートを離けい紙から剥がすタイミングにご注意ください。
  • プリント用熱転写シートの切り売りは対応しておりません。
インスタでsiserの加工写真がたくさん投稿されています
商品検索

こちらから商品検索ができます。

お問い合わせはこちら
営業案内
営業日/月〜金
休業日/土日祝及び弊社休業日
TEL 0778-51-8578
受付時間/AM9:00〜PM6:00
(メール、FAXは24時間受付可能ですが、返信は営業日内となります)
株式会社システムグラフィ
〒916-0038
福井県鯖江市下河端町414

営業カレンダー

2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2019年 10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31