プリントサービス姉妹サイト
プリンタ・サプライ販売姉妹サイト

Siser社の熱転写ラバーシート「3DXPD」の有効活用について

特殊な熱転写ラバーシート3DXPDの有効活用について

3DXPDの発泡効果について

3DXPDという素材は、2回プレスすることで表面に通常のラバーでは出せないボリューム感を出す商品です。3DXPDという素材は、2回プレスすることで表面に通常のラバーでは出せないボリューム感を出す商品です。
1回目のプレスで位置を固定し、2回目のプレス時に圧力をなるべくかけずに熱を与えることで、1粒1粒が膨らみ、盛り上がり、普通のラバーシートでは絶対に出ない効果を見せることができます。
Tシャツよりちょっと厚手の素材、例えばトレーナーやバッグなどに使うと雰囲気が合います。

 

Easytransfer(イージートランスファー)の購入はこちら

アイロンプリントラバーシート3DXPDの特殊な使い方

ここでは、ラバーシート3DXPDの使い方でちょっと変わった使い方を案内します。
通常2回目のプレス時に軽く押さえますが、特殊な使い方の時は上に伸びるラバーシートを重ねて普通にプレス機でプレスします。

 1:通常のプレスと一緒で、5秒ほどプレスします。
 
2:アプリケーションシートを剥がします。 3:この時点ではまだ盛り上がってません。
3DXPDに伸びる素材を重ねます。ラバーシートで伸びる素材であればいいですが、ストレッチがおすすめです。 再度ヒートプレス機でプレスします。 完成品です。3DXPDがあった位置に凹凸の粒ができたのがわかりますでしょうか?
 4:伸びるラバーシートを上からかぶせます。

 
5:大体15秒ほどプレスします。圧力は中圧〜低圧程度が良いです。  6:粒部分にボリューム感が出て不思議な仕上がりになります。


3DXPDはこの特殊効果をうまくつかうことで、バスケットボールのような表面も作れます。
この写真はストレッチと、XPD、そして周りを黒のラバーシートでプレスして表面の効果を出しています。
3DXPDの上に貼るラバーシートは必ずP.S.Stretchのような伸びる素材を使ってください。
Easytransfer(イージートランスファー)の購入はこちら

3DXPDの作業動画はこちら

商品検索

こちらから商品検索ができます。

お問い合わせはこちら
営業案内
営業日/月〜金
休業日/土日祝及び弊社休業日
TEL 0778-51-8578
受付時間/AM9:00〜PM6:00
(メール、FAXは24時間受付可能ですが、返信は営業日内となります)
株式会社システムグラフィ
〒916-0038
福井県鯖江市下河端町414

営業カレンダー

2017年 05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年 06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30